時計修理 オーバーホール

リューズを引いたら抜けてしまった…強くひいた訳でもないのにどうして?

時刻合わせやカレンダー機能の早送りなどで何気なく使っているリューズ、ある日時刻を合わせようとリューズを引いてみたら、リューズが抜けてしまった!

びっくりしてしまいますよね!昨日まではちゃんと使えていたのに、いきなりどうして…とショックも大きいです。

リューズが使えないと時計の操作ができなくなり、時計自体が使い物にならなくなってしまいます。リューズが抜けてしまう事態は、極力避けたい所です。

今回はリューズが抜けてしまう原因や修理、対処方について解説していきたいと思います。

何故リューズが抜けてしまうの?

「リューズが抜けてしまった原因といっても、中身を確認しないと分からないのでは?」と思われるかもしれませんが、リューズが抜けないように制御している部品があります。

「オシドリ」と呼ばれる部品です。

原因の一つとして「オシドリ」に何らかのトラブルが発生し、リューズが抜けてしまう可能性があります。もしくは止められている側の部品である「巻き芯」に問題があるかもしれません。

オシドリと巻き芯の画像▲オシドリと巻き芯。巻き芯の溝にオシドリの凸部分がはまる事で外れないようにしている

因みに「オシドリ」は機械式やクオーツ関係なく時計に配置されています。当然ブランドもなもありません。「オシドリ」は時計の部品でも重要な役割を担っているのです。

オシドリの役目
  1. リューズが抜けないようにロックしている
  2. 時刻合わせやカレンダー操作を行う際の切り替えを行う部品の一つ

つまりリューズが抜けてしまうのは、「オシドリ」もしくは「巻き芯(ロックされている側の部品)」のどちらかに絞られてくると思って大丈夫です。

時計のリューズの外し方が知りたい方へ…まずはこちらをご覧下さい!リューズを外したい…でもリューズは引っ張っても抜けない仕組みになっています…無理に引き抜けば壊れてしまいそうです。 リューズを外す...

リューズが抜けないようにロックしている部品(オシドリ)が破損

オシドリの画像▲オシドリ

リューズが抜けてしまわないようにロックしているのは「オシドリ」と呼ばれる部品です。この「オシドリ」が破損してしまえば、ロックが解除され容易に外れてしまいます。

「オシドリ」が破損してしまうのは、結構身近です。リューズを引き上げや引き下げを行う際に常に「オシドリ」にテンションが掛かっています。

「オシドリ」は金属製で頑丈な素材なのですが、小さく繊細な部品です。リューズを操作する事で少しずつ摩耗していき、やがて破損してしまうのです。

「オシドリ」が金属疲労をおこして抜けやすくなっているのは、アンティーク時計などの古い時計で見かける機会が多いです。

やはり長い間使用されている中で少しずつ摩耗したのでしょうか。

金属疲労を起こさない為にも、リューズ操作時に無理をし過ぎない事が肝要なのかもしれません。

「巻き芯」が折れてしまった!もしくは錆びが付着

リューズ回りが錆びている画像▲リューズ回りは錆びが発生しやすい

「巻き芯」とは時計の内部とリューズを繋ぐ金属の棒になります。「巻き芯」には溝があり、この溝に「オシドリ」の先端がかみ合う事で抜けなくしています。

「巻き芯」は金属製の細い棒状、溝も数ミリと繊細な部品です。巻き芯側も摩耗で破損してしまう事は当然ありえます。

「巻き芯」は錆びやすい部品でもあります。外気の湿気に触れる事が多いからです。更に言えば外気だけではなく、人間の汗などの水気にさらされてしまう危険もあります。

錆びが発生しやすい、摩耗しやすいなど「オシドリ」よりも「巻き芯」が傷んでしまう可能性が高いのかもしれません。

実際に「巻き芯」が錆びていたり、摩耗している時計を見かける機会が多かったようにも感じます。

リューズをロックしている部品のネジ止めが緩んでいる

オシドリを緩めるネジ止め部分のアップ画像▲リューズから垂直方向下がった小さなネジを緩めると、リューズが外れる

時計からリューズを外した事はありますか?リューズをロックしている「オシドリ」を緩める事で「オシドリ」の先端が「巻き芯」から離れ、離れた際に引き抜く事ができます。

オシドリは緩めたり締めたりできる訳なのですが、何かの原因で緩んだ状態になってリューズが抜けてしまう事があります。

因みにオシドリを緩めたり締めたりする方式は「ネジ止め式」「プッシュ式」の2種類があります。特に「ネジ止め式」のネジが緩んでいてリューズが抜けてしまう事が多くあるようです。

当然ネジが緩んでいる事が原因ですので、緩んだネジを締めればリューズはロックされて正常に操作ができるようになります。

実際にネジが緩んでしまう原因は、この2パターンが考えられます。

  1. 長期間を掛けて少しずつ緩んでいく
  2. 修理やメンテナンス(オーバーホール)をした時に緩んだ状態で渡されてしまう

「オーバーホールに出した際に緩んだ状態で渡される」は滅多な事では起きないとは思われます。ネジとしっかり締めていない訳ですので、明らかなミスです。

しかしオーバーホールに出して日が浅いのにリューズが外れてしまったとなると、原因としては十分考えられます。その際は修理に出したお店に、問い合わせてみる方が良いです。

ネジが緩んでしまってリューズが外れてしまうのは、時計の故障ではないのでまずが一安心といったところでしょうか。修理の代金も高額にはならないはずです。

むしろ外れたリューズの紛失や、リューズが外れた穴からチリやホコリが混入などの2次災害的な事の方が心配です。

リューズの頭の部分(指先で回す所)が取れてしまう

リューズの頭が外れている画像▲リューズの頭はネジで止めている

リューズの頭の部分、つまり指先で回す部分のみが取れてしまう事もあります。リューズの頭の部分と巻き芯はネジ山が切られており、締める事で2つの部品はつながっているからです。

もちろん緩まないようしっかり止めてはあるのですが、時間と共に緩んでくる事はありえます。

因みにリューズの頭のみが取れている場合は、巻き芯は時計の内部にロックされたままの状態になります。

リューズの頭を巻き芯に合わせて時計回りに回せば、またネジが締まっていき、リューズの頭と巻き芯は接続した状態に戻ってくれます。

簡単にネジ止めできるのであれば、自分自身でもと思われるかもしれません。しかし人の力で締めても、またいずれ緩んできます。

リューズの頭だけが取れた場合も時計修理店で直してもらった方が無難ではあるようです。

リューズが抜けた時計は修理できるの?

時計のムーブメントの画像修理は可能です。但しリューズを外れない様にロックしている部品が破損している場合は、交換する部品の有無によって変わってくるかもしれません。

部品の在庫については修理店舗に依存するからです。有名なブランドなどは部品の取り寄せもできるようなので、店舗にて見積りしてもらうと良いです。

古い時計になればなるほど、部品のストックはなくなる傾向にあります。

メーカーごとに時計の販売モデルが、廃盤となった場合の保有期間が定められ、この期間を過ぎてしまうと、部品自体製造しなくなるからです。

通常は廃盤となって5-10年程でメーカーは、修理用部品をストックしなくなるようです。

修理は可能ですが、古いモデルの時計の場合は要確認といった所でしょうか。因みに修理代金の相場はこちらになります。

修理代金の相場:5,000円~

リューズが抜けた時の対処について

次に実際にリューズが抜けてしまった場合の対処について解説します。基本的にはリューズが抜けたのであれば、なるべく早く修理に出すようにした方が良いです。

金属製の部品とはいえ、細くて繊細な部品です。何かの拍子に壊してしまう可能性もなくはありません。

その他にもリューズが外れたままにする事で、時計にとって負担であったりします。少しでもトラブルを避けるためにも、注意したい事をお知らせします。

リューズを失くしてしまわない

リューズのないムーブメントの画像「リューズをなくすなんて事は…」と思われるかもしれません。しかしリューズは小さな部品です。ちょっとした油断で失くしかねないので、注意するに越したことはありません。

リューズを失くしてしまえば、外れたリューズ関連部品一式を再度揃えなければなりません。部品の料金費用もかさみますし、見つからないかもしれません。

私も過去にリューズを失くしてしまった事があります。取れた時点で早めに修理に出せば良かったのですが、日延べしてしまったのです。

ある日ようやく修理にと、時計を確認するとなくなってました…小さいだけに探すのも困難で、とうとう見つからずじまいです。

時間を空ければ空ける程、失くしてしまう確率は高くなるように感じました。リューズが取れたら早めに対処された方が良いです。

リューズを自分で時計ケースに戻す(押込む)事はしない

文字盤側のムーブメントの画像▲文字盤側のムーブメント。リューズ操作関連の部品が詰まっている。

外れてしまったリューズを、自分自身で差し込むのは止めておいた方が良いです。一見すんなりと入っていきそうですが、中にはリューズを操作する部品類が配置されています。

無理に押し込もうとすれば、中に配置されている部品を破損させてしまう可能性があります。

巻き芯とリューズの穴を見比べると、スムーズに奥まで入り込んでくれそうですが、大体は何処かに引っかかった感覚がある事が多いです。

この時に更に押し込んで良いものか、押し込むのであればどの位の力を入れて良いかの加減の判断がつきづらい事が多いのです。

因みにですが上記で説明しましたリューズの頭のみが取れた場合については、ネジを締める事は行っても問題ありません。

その為、無理にリューズを差し込まずに外れたままの状態で修理店に持ち込んだ方が良いです。

リューズが抜けたままの状態で放置しない

リューズが抜けた後の位置にはリューズを差し込む穴がむき出しの状態になっています。この穴からチリやホコリが混入してしまう恐れがありますので、放置せずに早めに修理する事をお勧めします。

リューズを失くしてしまうリスクも高まります。失くしてしまい、純正部品がもし見つからず、社外品のリューズしか用意できなかった!となると時計の価値も下がってしまいます。

リューズが外れたままの状態で放置するのは色んな意味でもよくありません。早めに対処しましょう。

リューズ回りの不具合を発生させないためには

リューズ関連の部品は、時計の部品の中でも何かとトラブルが発生しやすいです。部品の摩耗や錆び、汚れの付着など負担がかかりやすい箇所であるためです。

錆びや摩耗から守る為には、やはり定期的なオーバーホールが重要になってきます。オーバーホールを行う事で、チリやホコリを取り除き、注油を行い部品の摩耗や錆びを防ぐのです。

またオーバーホールでなくとも普段の取り扱いで、負担を少なくする事はできます。基本的な事ではあるのですが、実践すれば随分違ってくるはずです。

  1. 汗や水に濡れたのであれば早めに拭き取ってあげる
  2. 乱暴なリューズ操作をしない

調子が悪くならないと、時計のオーバーホールは考えづらい部分もあるのかもしれません。しかし普段愛用している時計の寿命を延ばすには有効です。

リューズ回りの部品を清潔に保つためにも、検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

如何でしたでしょうか。今回はリューズが抜けてしまう原因とその対処方法について解説してみました。

リューズが抜けてしまう原因は2パターンありました。

  1. リューズが抜けないようにロックしている部品が傷んでしまう(オシドリ、巻き芯など)
  2. リューズを止めているネジの緩み

リューズは頻繁に操作するだけに金属疲労を起こしやすいですし、時間を掛けてネジが緩んでくる事も十分に起こりえます。

どちらにも言える事は長く時計をメンテナンスしていない事に起因するようです。定期的なオーバーホールが予防につながるではないでしょうか。。

またリューズが抜けた場合は早めに対処をした方が良いです。2次的なトラブルが発生する恐れも出てきます

  1. リューズの紛失の恐れ
  2. 抜けたリューズを無理に押し込むと、部品が破損してしまう可能性がある
  3. リューズが抜けると時計の密閉性がなくなり、チリやホコリが内部に侵入しやすくなる

オークションなどで中古の時計に、社外品のリューズが付けられているのを見かける事も多いです。

社外品のリューズのついた時計は、違和感があり魅力も半減していますので紛失は気をつけたいところです。

お気軽に腕時計をレンタルできるサービス

これまで腕時計が欲しい場合、購入するしかありませんでした。しかし今は「時計をレンタル」する方法もあります。

高かったブランドの腕時計が、レンタルであればお手頃の料金で使えるのです。

レンタルですので時計が合わなかったり飽きたりすれば、短い期間で交換する事ができます。結婚式やデートなどのイベント日に合わせてレンタルもできますし、とにかく使い勝手の良いのが時計レンタルサービスです。

時計レンタルサービスの中でもコスパ、時計の取り扱い数が一番なのが「KARITOKE(カリトケ)」です。

因みにカジュアルプランであれば、月3,980円でレンタルできます。

「KARITOKE(カリトケ)」の時計レンタル、これを機会に利用してみては如何でしょうか。

ブランド腕時計レンタルサービス