高級時計ブランド

オメガの時計のオーバーホール期間は!正規メーカーと時計修理専門店では期間は違うの?

オメガの腕時計をオーバーホールにだしたいのですが、なるべく早く作業してくれるお店ご存じですか?
このオメガの腕時計ですが動かなくなってしまいました。修理(オーバーホールも含めて)に出した場合、どれ位預ける事になりますか?

初めてのオーバーホールや行きつけのお店がない場合、どれくらいの期間預けなければならないのか、また料金等も気になりますよね。

オーバーホールに出したいのは山々ですが、どちらの店舗に任せていいものか悩んでしまうものです。

実は店舗によって預ける期間は変わってきます。但し単純に預ける期間が短ければ良いという訳でもありませんよね。技術力の高いが故に預ける期間が短かくなるのがベストです。

今回はオメガの時計のオーバーホールの料金や預ける期間、オーバーホールを行ってくれる店舗についてお伝えしていきます。こちらの記事を読んで頂き、疑問点を是非解消されて下さい。

オメガの時計のオーバーホールはどこに出すの?

まずはオーバーホールを行ってくれる店舗の種類を紹介します。オメガの時計をオーバーホールに出すのであれば、「正規メーカー」「時計修理専門店」のどちらかになります。

それぞれの店舗の特徴はこちらです。

料金 預ける期間 信頼性
正規メーカー
時計修理専門店

「正規メーカー」は料金は高めですが、信頼性があります。一方「時計修理専門店」は料金は安めですが、店舗によって技術力にバラつきがあり、信頼できる店舗を探し出す事が重要になってきます。

「正規メーカー」の信頼性の高さについて、補足するとオーバーホールを行った際に保証期間が2年つきます。

ロレックスの正規メーカーも、オーバーホールを受けると2年の保証期間がついています。今はどこの正規メーカーも保証の部分は充実させていると聞きますので、有名な時計ブランドの保証期間は2年程が普通なのかもしれません。

因みに時計修理専門店では、店舗ごとに保証期間が定められているようです。平均的には1年に設定されてる保証期間が多いようです。

料金は、「正規メーカー」の方が高額となってしまいます。また正規メーカーはオーバーホールの際に傷んだ部品が見つかると、交換の対象となり別途の費用が発生しやすいです。

正規メーカーにオーバーホールを任せる場合は、基本料金に加えて部品交換の費用も考えていた方が良いのかもしれません。

手厚い保証を優先するのであれば正規メーカー、料金の安さを重視するのであれば時計修理専門店となるのではないでしょうか。

オメガの時計をオーバーホールに出した際に預ける期間

「正規メーカー」「時計修理専門店」のどちらかにオーバーホールに出す場合、オーバーホールの期間はどれ位になるのでしょうか。

それぞれの店舗にオーバーホールを任せた場合の期間はこちらになります。

正規メーカー 3週間~4週間
時計修理専門店 2週間~3週間

時計の状態にもよりますが、表の期間を目途に考えてください。しかし部品交換が発生する際に、部品のストックがない場合には別途取り寄せる期間が加味されてしまう可能性があります。

正規メーカーは国内で対応できないモデルについては、本国スイスにて対応する場合もあります。オメガではありませんが、別ブランドの時計を修理に出した際にスイスで対応となった事は実際にあります。

その時計はアンティーク品だったのですが、古すぎて国内では対応できなかったのでしょう。

因みに本国スイスにての対応となった時計ですが、2ヶ月~3ヶ月程は掛かったと思います。オメガの場合も本国スイスでの修理となった場合は、同様の期間をみておいた方が良いでしょう。

オーバーホールに掛かる期間であれば、時計修理専門店の方が素早く対応してくれるようです。お急ぎの場合は、時計修理専門店の方を検討されてみてはいかがでしょうか。

正式なオーバーホールの期間や料金は見積りの結果次第

オメガの腕時計のオーバーホールですが、まずは見積りに出してみましょう。各店舗のインターネット上に載っている料金は部品交換を伴わない、純粋な分解清掃の料金なのです。

最終的にはある程度分解してしまい、部品の傷み具合を加味した上で初めて正確な金額が算出されるのです。この時、部品交換が発生するようであれば交換部品分の金額が加算される事になります。

また交換部品のストックがない場合は、取り寄せが必要になります。部品の調達が必要となった場合は、オーバーホールの期間も延びてしまう可能性が高くなるとの心づもりでいた方が良いです。

ある程度時計を分解してしまう事で正確な金額が算出されるのですが、正確な金額が出た時点でオーバーホールを断ることが可能だろうか?と考えたりしませんか。

正確な金額が提示されるも、当初の金額よりもはるかに高くなってしまった場合、予算の関係上断らずを得ない場合もあるかもしれません。

実際に、交換部品の箇所によっては、オーバーホールの基本料金よりも高い部品は存在します。

こちらにつきましては、見積りに出す前にキャンセル料の有無を確認されておくとよいでしょう。

キャンセル料金については、店舗によって様々です。キャンセル料の掛からない店舗も存在します。キャンセル料の平均は3,000円程かと思われます。

時計の内部の状態は、開けてみないと判断できません。まずは見積りに出してみて、料金を割り出してみましょう。

正規メーカーと時計修理専門店、どちらにオーバーホールを任せる?

保証の面や技術的な信頼性を重視する場合は正規メーカー、料金面や預ける期間を重視する場合は時計修理専門店となります。

しかし技術力については、時計修理専門店が正規メーカーに比べて劣っている訳ではありません。修理店舗によって技術力に差がある場合があるのです。

つまり腕のよい時計修理店であれば、正規メーカーとは変わらない技術力あるうえに料金が安くなります。

良い修理店をご存じであれば、時計修理専門店の方がコストパフォーマンスはよくなるのです。

一方正規メーカーのオーバーホールは、料金も高いながらもサービス内容には素晴らしいものがあります。

因みに正規メーカーでは、オーバーホールの事を「コンプリート メンテナンス サービス」と呼ばれています。

サービス内容はこちらになります。

  • 時計の分解
  • 分解した部品の洗浄
  • 摩耗した部品の交換
  • ムーブメントの組み立て、注油
  • ムーブメントの調整、検査
  • ケースとベルト(金属製)の洗浄と研磨
  • 時計ケースの組み立て、防水性テスト
  • 最終検品

正規メーカーの方が料金が高くなってはいますが、時計ケースとベルトの研磨サービスがついておりますので案外お得かもしれません。

防水機能も回復してくれそうですね。パッキン類の交換もサービスに含まれているかもしれません。

ケースの研磨については、やりすぎはお勧めしません。原型をなくしてしまう可能性があるからです。ケースの研磨は4~5回までを目途に考えられるとよいでしょう。

時計修理専門店、正規メーカー共に良い面があるので、一概にどちらが良いとはいえません。料金、期間等優先したいサービス内容から選択されてみてはいかがでしょうか。

良い時計修理専門店を見つけるには?

腕の良い時計修理専門店を探し出せれば、料金も安く短い期間でオーバーホールを行ってくれる事をお話しました。では実際にはどうやって腕の確かな時計修理専門店を探し出せば良いのでしょうか。

判断の基準はこちらです。

  • 規模の大きい修理店
  • 歴史のある時計修理専門店
  • 時計修理技能士1級が多く存在する修理店
  • 評判が良い時計修理店。特に口コミ

まずはある程度規模の大きい店舗を選択した方がよいです。法人化されているのであれば会社の規模、社員数等も確認してみましょう。

規模が大きいという事は、優秀な人材も比例して多くなります。場合によっては元有名ブランドの技術者が在籍するような店舗も…そのような優れた人材が揃っている修理店であれば、正規メーカーと比べて遜色ない技術力があるのもうなずけます。

また優秀な技術者は、時計修理技能士1級の国家資格を保持している事が多いです。資格取得者の数も分かるようであればチェックしてみてください。

では規模が小さい店舗は技術力のない店舗になるのか?といえば一概には判断できません。規模が小さくとも腕の良い技術者はいます。

規模の小さい店舗になりますと、なるべく歴史の古い時計店を探してみると良いです。歴史ある修理店ですと古いモデルの交換部品を保持している可能性もあります。

小さくとも腕の良い時計店は、オーバーホールの予約が詰まっており予約待ちが発生している事が多いです。小さいが故に人手がたりないのです。

私が懇意にさせて頂いている時計店は、一人で経営されています。いつも予約で一杯で、多い時は半年待ちとの事でした。更には、正規メーカーの下請けもされているとの事でメーカーからの依頼もあるそうです。

規模に関わらすオーバーホールの依頼をした時に待ちが発生するようでしたら、評判の良い人気店の可能性が高いです。待つのは面倒かもしれませんが、オメガの腕時計のためにも時には待ってあげたほうが良いかもしれません。

オメガのオーバーホール料金について

オメガのオーバーホールの料金の相場はこちらになります。部品交換が発生しない、純粋な分解清掃の基本料金です。

金属素材 キャリバー種類 ムーブメント 正規メーカー 時計修理専門店
非貴金属素材 クロノグラフ以外 クオーツ式 \51,700~ \28,000~
機械式 \63,800~ \38,000~
クロノグラフ クオーツ式 \57,200~ \38,000~
機械式 \85,800~ \40,000~
貴金属素材 クロノグラフ以外 クオーツ式 \63,800~ \28,000~
機械式 \74,800~ \38,000~
クロノグラフ クオーツ式 \80,300~ \38,000~
機械式 \108,900~ \40,000~

非貴金属素材:ステンレススチール、チタン、セラミック                                     貴金属素材:バイカラー、シルバー、ゴールド、プラチナ、パラジウム

表では機能や素材別に金額が算出されていますので、対象のモデルがどの金額になるのかは分かりずらいかもしれません。

オメガの人気モデルがどれくらいの金額になるのかも併せて紹介します。因みに私はオメガのスピードマスターを愛用しています。

モデル別の料金は、非貴金属素材の料金で紹介しています。もしオメガの腕時計をお持ちでしたら参考にされてください。

オメガ スピードマスター(OMEGA SPEEDMASTER)

オメガで有名なモデルとなりますと、やはり「スピードマスター」ではないでしょうか。NASAの宇宙飛行士が月面に着陸した際に装着していた腕時計になります。

NASAで採用されるとは流石です。オメガの技術力の高さが伺えるのではないでしょうか。

オメガのスピードマスターといえば、機械式ムーブメントではないでしょうか。更にはクロノグラフ機能(ストップウォッチ)と高機能です。※クオーツ式のモデルも存在します。

スピードマスターのオーバーホールの参考金額はこちらです。

スピードマスター
  • 機械式  :正規メーカー:\85,800~、時計修理店:\40,000~

オメガ シーマスター(OMEGA SEAMASTER)

「シーマスター」はオメガが誇るダイバーズウォッチです。スピードマスターと人気を2分する人気モデルとなっております。映画「007」で主人公のジェームスボンドが、つけていた事でも有名です。

シーマスターのムーブメント種類としては「クオーツ式」「機械式」が共に存在します。またシンプルな3針タイプ、クロノグラフと幅広いモデルをよく見かけるのではないでしょうか。

シーマスターのオーバーホールの参考金額はこちらです。

シーマスター
  • 機械式  :正規メーカー:\63,800~、時計修理店:\38,000~
  • クオーツ式:正規メーカー:\51,700~、時計修理店:\28,000~
シーマスター(クロノグラフ)
  • 機械式  :正規メーカー:\85,800~、時計修理店:\40,000~
  • クオーツ式:正規メーカー:\57,200~、時計修理店:\38,000~

オメガ コンステレーション(OMEGA CONSTELLATION)

「コンステレーション」は星座を意味する言葉です。名前の由来からかデザインに星を使ったものが多く、さながら空に輝く星座のような輝きのある腕時計です。

コンステレーションのムーブメント種類としては「クオーツ式」「機械式」が共に存在します。コンステレーションもまたシンプルな3針タイプ(カレンダー付)をよく見かけるのではないでしょうか。

コンステレーションのオーバーホールの参考金額はこちらです。

コンステレーション
  • 機械式  :正規メーカー:\63,800~、時計修理店:\38,000~
  • クオーツ式:正規メーカー:\51,700~、時計修理店:\28,000~

オメガ デビル(OMEGA De Ville)

オメガ「デビル」は一番見かける事が多いのではないでしょうか。オメガのドレスウォッチになります。「デ・ビル」はフランス語で街角という意味です。

上品なデザインはスイス製らしく、煌びやかに腕元を飾ってくれます。ドレスウォッチの位置づけですが上品な雰囲気からは、ビジネスや普段使いにも問題なく使えそうです。

オメガ デビルのオーバーホールの参考金額はこちらです。

デビル
  • 機械式  :正規メーカー:\63,800~、時計修理店:\38,000~
  • クオーツ式:正規メーカー:\51,700~、時計修理店:\28,000~

オメガの腕時計のケースやベルトの汚れ落とし

腕時計は日々腕に巻いて使用しています。暑い日や走ったりすれば汗をかく事もありますし、天候が悪く雨が降る日もあるかもしれません。

汚れや濡れてしまったまま腕時計を放置すれば、湿気や塩分によって腕時計はダメージを受けてしまいます。

少しでも長持ちさせる為に、毎日ちょっとしたセルフメンテナンスをしてみてはいかがでしょうか。

道具も身の回りのものでそろえる事ができます。

  • セーム革(乾いた布)
  • 使い古しの歯ブラシ

セルフメンテナンスといっても簡単な事です。雨や汗で腕時計が汚れてしまったら、乾いた布で汚れや水分を都度拭き取ってあげましょう。セーム革であれば尚良いです。

こまめに拭き取るだけでも大分違ってきます。小さな事かもしれませんが、錆びの浸食を防ぐ事にもつながります。

その他に汚れが気になるようでしたら、歯ブラシ等で優しく、汚れの付着している箇所を磨いてあげて下さい。

綺麗にクリーニングするのであればケースよりベルトを外した方が隅々まで掃除できます。ただ、別途工具が必要です。

工具を使ったベルトの脱着ですが慣れていないと、工具で時計に傷つけてしまう恐れがあります。まずはベルトの脱着はせずにできる範囲でまずはクリーニングしてみてはいかがでしょうか。

ベルトが革製の場合は、固く絞ったタオル等で優しく汚れを拭き取ってあげましょう。

あまりに拭き取れない様な汚れや細かい傷が気になりだしたら、研磨サービスも視野に入れた方が良いかもしれません。

日々汚れを拭き取ってあげるだけでも、毎日行えば大分違ってくるはずです。普段から愛用しているオメガの腕時計を労わってあげてください。

まとめ

オメガの腕時計のオーバーホールは正規メーカー、もしくは時計修理専門店のどちらかを選択する事になります。

それぞれ良い面がありますので一概にどちらが良いとはいえませんが、料金や預ける期間を概算でも知っていれば、自分のニーズに合った店舗を選択しやすのではないでしょうか。

オーバーホールや任せる店舗の特徴について再度おさらいしていきましょう。

まずはオーバーホールを預ける期間です。時計修理専門店の方が素早く対応してくれそうです。しかし人気の修理店ですと待たされる場合もありますので、急ぎの場合は事前にご確認下さい。

正規メーカー 3週間~4週間
時計修理専門店 2週間~3週間

次にオーバーホールの料金についてです。オメガの腕時計の料金の相場はこちらになります。人気モデル別にまとめます。

モデル キャリバー種類 正規メーカー 時計修理専門店
スピードマスター 機械式 \85,800~ \40,000~
シーマスター クオーツ式 \51,700~ \28,000~
機械式 \63,800~ \38,000~
コンステレーション クオーツ式 \51,700~ \28,000~
機械式 \63,800~ \38,000~
デビル クオーツ式 \51,700~ \28,000~
機械式 \63,800~ \38,000~

最後に優良な時計修理専門店の探し方になります。

  • 規模の大きい修理店
  • 歴史のある時計修理専門店
  • 時計修理技能士1級が多く存在する修理店
  • 評判が良い時計修理店。特に口コミ

長く愛用してきた腕時計を預ける事になりますので、しっかり対応してくれる店舗に任せたいですね。料金面、預ける期間、信頼性の3つの条件の揃った店舗を探し出しましょう。

安心できるお店に出会える事を願っています。長く使ってきた愛着のあるオメガの腕時計、オーバーホールで是非リフレッシュさせて下さい。

当店もオーバーホールの方行っております。ご不明な点がございましたら遠慮なくお問い合わせください。

時計修理、オーバーホールのお問い合わせ

時計は人生のパートナーです。動かなくなったり調子が悪くなると心配ですよね。

大事な時計だからこそ、長く使い続けたいものです。時計はきちんとメンテナンスを行えば長く使えます。

もし愛用している時計で悩んでいましたら、ご相談下さい。時計の状態や修理費用をクリアにする事は大事です。

モントルクルーは時計の修理やオーバーホールを行っております。是非ご相談下さい。

オーバーホール、修理のお問い合わせ