ロレックス

激安のロレックス(ROLEX)は偽物?本物との見分け方を解説!

ロレックス(ROLEX)といえば、「時計の王様」や「時計の代名詞」と言われるほど知名度の高い、大人気の高級腕時計です。

時計好きであれば、誰でも「一度は使ってみたい!」と思うのではないでしょうか。

しかし、本物のロレックスは非常に値段も高いので、簡単に購入することはできません

そんな中でも、時おり激安でロレックスが販売されていることも。

激安のロレックスは、果たして本物なのでしょうか?

 

今回は、偽物のロレックスの特徴を把握して本物との見分け方を解説します。

また、本物のロレックスを格安で利用できる方法も紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください!

 

この記事を読んでわかること

  • 激安のロレックス(ROLEX)は偽物なのか?
  • 偽物のロレックス(ROLEX)の特徴
  • 偽物のロレックス(ROLEX)は購入しても大丈夫なのか?
  • 格安で本物のロレックス(ROLEX)を着用する方法

 

▼腕時計レンタルのカリトケなら、ロレックスを月額10,780円から着用できます。

カリトケ(KARITOKE)の評判は悪い?メリット・デメリットも解説!「カリトケ(KARITOKE)が気になるけれど、評判は悪くないのだろうか…」と悩んでいませんか。 カリトケは、腕時計レンタルの中で...

 

腕時計レンタルサービスならKARITOKE

激安のロレックス(ROLEX)は偽物?

激安のロレックス(ROLEX)は偽物?世の中に出回っている激安のロレックスは、ほぼ100%偽物と考えて間違いありません。

もし10万円以下で売られているロレックスを発見した場合は、偽物である可能性が極めて高いので、購入を控えてください。

 

例えば、ロレックスの中でも人気モデルの「デイトナ(現行モデル)」は、350万円〜440万円前後します。

ロレックスの人気モデルを見れば、安いものでも100万円以上の値段がついているでしょう。

しかし、金額の高いイメージのあるロレックスの中にも、実は50万円ほどで購入できるモデルもあります。

それが「エアキング」や「オイスター パーペチュアル」というモデル。

ロレックスの特徴でもある、高い耐久機能や防水機能を保ちながら、約50万円で購入できます。

 

このように、比較的低価格のモデルもありますが、これより極端に安い価格で購入することはできないでしょう。

なお、フリマアプリでも20〜30万円程度はかかると思ってください。

偽物のロレックス(ROLEX)の特徴

偽物のロレックス(ROLEX)の特徴偽物ロレックスの特徴は、主に以下の5つです。

下記に該当する場合は、偽物である可能性が高いので注意しましょう。

 

偽物のロレックスの特徴

  • 相場を無視した異常な安さ
  • 細かい部分の作りが雑
  • 文字やロゴがぼやけている
  • 異音がする
  • シリアルナンバーがないor彫り込みが浅い

相場を無視した異常な安さ

先ほどもお伝えしたとおり、ロレックスの相場は安いモデルでも30〜50万円ほどします。

フリマアプリのような中古品市場でも、20万円台を下回る掘り出し物はなかなか見つけることができません。

また、ロレックスは他の腕時計に比べて「リセールバリューが良い」という特徴があります。

モデルダウンしても価格が落ちにくいので、投資対象として購入する方もいるほど。

 

中には、購入後に価値を大きく上昇させるモデルもあるので、フリマアプリであっても安く購入することが難しいブランドです。

もし状態の良いロレックスが5〜10万円の価格帯で販売されていたら、偽物であることを疑いましょう。

細かい部分の作りが雑

ロレックスに限らず、偽物の腕時計はブレスレット部分の留め金が雑なので、着用時にゴツゴツする痛みを感じます。

その他にも、ネジ穴に隙間ができていたり金属加工が丁寧に処理されていなかったり、作りの甘さが目立つでしょう。

 

また、ロレックス特有のデザインとしては、文字盤の6時部分に「うっすらとした王冠の透かしマーク」があります。

本物の場合は、本当にうっすらとしか刻印されていません。

しかし偽物は、「王冠の透かしマーク」がはっきりと刻印されているものが多いのです。

文字やロゴがぼやけている

本物のロレックスは、ロゴや文字がシャープで繊細に表記されています。

また、本物は「はっきり・くっきり」して見えるのが特徴です。

全体的に明朝体フォントが高級感を演出しており、綺麗なデザインにまとまっています。

 

一方の偽物は「ROLEX」という文字表記がぼやけていて、本物と比較してやや太め。

ロゴに関しても、本物特有のスタイリッシュさを感じることができません。

文字やロゴをにじませずにシャープな線で書くのは、高度な職人技術が必要です。

偽物のロレックスを作った職人には、一流の腕時計を精製できるだけの技術が備わっていないことがわかります。

異音がする

偽物のロレックスを見分ける判断材料には、「音」にも注意する必要があります。

同時に、針がスムーズに動くかも確認してみましょう。

 

まずは、日付が変わる12時部分まで針を回します。

例えば、「ロレックス デイトジャスト」は12時ちょうどになると「カチッ!」という気持ちの良い音を鳴らすのが特徴的

しかし、偽物の場合は「カチッ!」という良い音がしなかったり歯切れの悪い音だったりします。

 

中には、カレンダーの日付の切り替わりが遅いものも。

このような特徴がある場合は、偽物である可能性が高いです。

シリアルナンバーがないor彫り込みが浅い

本物のロレックスは、ブレスレット部分を外すと刻印されたシリアルナンバーを確認できます。

しかし、偽物の場合はシリアルナンバーがないものが多いです。

 

シリアルナンバーは、1つひとつの製品に必ず刻印されている製造番号。

基本的に、シリアルナンバーのない本物製品は存在しません。

 

本物のシリアルナンバーは深く刻み込まれていて、はっきりと確認できます。

一方の偽物は、レーザー刻印でシリアルナンバーが表記されているので、「彫りが浅い」という特徴があります。

刻印の彫りの中を見ても、点が多いので一目瞭然です。

本物のロレックスは、レーザー刻印でシリアルナンバーが表記されることはありません。

偽物のロレックス(ROLEX)を買うとどうなる?

偽物のロレックス(ROLEX)を買うとどうなる?偽物のロレックスの特徴には「安さ」が挙げられます。

高級腕時計であるロレックスを安価で購入できるのは、嬉しいですよね。

しかし、偽物のロレックスを買うとどうなってしまうのでしょうか?

ここでは、偽物のロレックスを買うリスクについて解説します。

 

偽物のロレックスを買うと…

  • 犯罪に加担してしまう
  • すぐに壊れる
  • 売りたくなっても売れない
  • 転売したら犯罪になる

犯罪に加担してしまう

偽物のロレックスであっても、買うだけなら犯罪にはなりません。

しかし、販売側は法律違反に該当するので犯罪です。

偽物を購入するのは、間接的に犯罪を手助けする行為になってしまいます。

 

買うだけなら犯罪にならないとしても、犯罪を助長するのは気持ち良くないですよね。

また、警察から事情を聞かれる可能性もあるでしょう。

スーパーコピーなどの商品を販売する業者を撲滅させるには、業者の収入源を断つために私たちが購入しないことが一番です。

すぐに壊れる

偽物を購入するリスクの中には、「壊れやすさ」という問題も挙げられます。

「安かろう悪かろう」「安物買いの銭失い」という言葉があるように、安ければ良いというものではありません。

やはり安いものには、それなりの理由があるのですぐに壊れてしまいます。

 

例えば、5万円で購入できる偽物の激安ロレックスを「壊れては購入する行為」を10回繰り返すとどうでしょうか?

総額50万円かけているので、知らないうちに本物のロレックスが買えてしまうのです。

売りたくなっても売れない

偽物のロレックスを購入してしまうと、他の場所に売ることができなくなってしまいます。

そもそも「偽物だから価値がつかない」という理由もありますが、それ以前に、偽物を販売する行為は犯罪になるからです。

詳しくは後述しますが、偽物だと知った上で販売しないようにしましょう。

転売したら犯罪になる

コピー商品であることを把握している上で転売・販売する行為は、商標法で「商標の使用」にあたると規定されています。

そのため、商標権者の許可なく販売行為をした場合、商標法の「商標権侵害」に該当するのです。

商標権侵害に該当すると、商標権者に対して損害賠償を支払わなければいけません。

また、それだけではなく、10年以下の懲役と1,000万円以下の罰金の両方の刑罰が科せられてしまいます。

ロレックス(ROLEX)を激安で身につけたいならレンタルしよう

ロレックス(ROLEX)を激安で身につけたいならレンタルしよう偽物のロレックスを購入するには、さまざまなリスクを覚悟しないといけません。

しかも、偽物とは言っても2〜5万円前後のお金を出さないと購入できないものがほとんどです。

いくら安いからと言っても、数万円払って偽物を買うのも気が引けますよね。

 

しかし、「どうしてもロレックスを着用したい!」というときにおすすめなのが「カリトケ」(KARITOKE)という腕時計のレンタルサービスです。

カリトケなら、月額10,780円(税込)でロレックスを借りることができます。

国内最大級の腕時計レンタルサービスなので、ロレックス以外にも50ブランド1,300種類もの腕時計が選び放題です。

 

▼カリトケなら、一般価格より安く購入することもできます。

カリトケ(KARITOKE)で借りた腕時計を気に入ったら購入できる?「カリトケ(KARITOKE )でレンタルした腕時計が気に入ったから、購入したい...」と悩んでいませんか。 カリトケは、一流ブラ...

【まとめ】偽物のロレックス(ROLEX)は厳禁!

【まとめ】ニセモノのロレックス(ROLEX)は厳禁!偽物のロレックスは、一度購入するとどこか別の場所で販売・転売できません。

また、偽物だとしても2〜5万円支払わないと購入できないため、コスパ面で見ても非常に悪いでしょう。

偽物の販売行為をした場合は、商標権侵害に該当して「10年以下の懲役と1,000万円以下の罰金」が課せられてしまいます。

 

「どうしても低価格でロレックスを着用したい!」という方は、腕時計レンタルのカリトケを利用しましょう。

さまざまなリスクを背負って偽物のロレックスを買わなくても、カリトケなら月額10,780円で本物のロレックスを着用できます。

また、ロレックス以外にもIWCやシャネル、オメガなど一流の腕時計が選び放題です。

コスパ良く、さまざまな高級腕時計を楽しみたい方は、ぜひカリトケを利用してみてください。

 

腕時計レンタルサービスならKARITOKE

お気軽に腕時計をレンタルできるサービス

これまで腕時計が欲しい場合、購入するしかありませんでした。しかし今は「時計をレンタル」する方法もあります。

高かったブランドの腕時計が、レンタルであればお手頃の料金で使えるのです。

レンタルですので時計が合わなかったり飽きたりすれば、短い期間で交換する事ができます。結婚式やデートなどのイベント日に合わせてレンタルもできますし、とにかく使い勝手の良いのが時計レンタルサービスです。

時計レンタルサービスの中でもコスパ、時計の取り扱い数が一番なのが「KARITOKE(カリトケ)」です。

因みにカジュアルプランであれば、月3,980円でレンタルできます。

「KARITOKE(カリトケ)」の時計レンタル、これを機会に利用してみては如何でしょうか。

ブランド腕時計レンタルサービス