ロレックス

40代男性におすすめのロレックス(ROLEX)は?メンズに人気のモデル10選

ロレックスは、若者よりも大人が身につけるのにふさわしいブランド。

40代という脂の乗った男性にとって、「時計の王様」と呼ばれるロレックスは憧れの存在です。

 

しかし、一口にロレックスと言ってもさまざまなシリーズが販売されています。

高価なので、購入した後に「何か違うな…」という失敗はしたくないですよね。

そこで今回は、40代の男性におすすめしたいロレックスのモデル10選を紹介します。

ロレックスを選ぶときの参考にしてみてください!

 

この記事を読んでわかること

  • 40代の男性に似合うロレックスの選び方
  • 40代の男性におすすめのロレックスモデル
  • ロレックスの購入で失敗しない方法

 

▼月額約1万円からロレックスをレンタルできる「KARITOKE」(カリトケ)の評判はこちら

カリトケ(KARITOKE)の評判は悪い?メリット・デメリットも解説!「カリトケ(KARITOKE)が気になるけれど、評判は悪くないのだろうか…」と悩んでいませんか。 カリトケは、腕時計レンタルの中で...

 

腕時計レンタルサービスならKARITOKE

40代男性にふさわしいロレックス(ROLEX)の選び方

40代男性にふさわしいロレックス(ROLEX)の選び方

年代によって、似合うロレックスのモデルは異なります。

ここでは、40代男性にふさわしいロレックスの選び方を紹介しましょう。

 

40代男性にふさわしいロレックスの選び方

  • 大人らしく落ち着いたデザインを選ぶ
  • ビジネスシーンや役職に合うものを選ぶ
  • リセールバリューを考える

 

▼激安のロレックスには注意してください!

激安のロレックス(ROLEX)は偽物?本物との見分け方を解説!ロレックス(ROLEX)といえば、「時計の王様」や「時計の代名詞」と言われるほど知名度の高い、大人気の高級腕時計です。 時計好きで...

大人らしく落ち着いたデザインを選ぶ

黒い文字盤やダーク系のレザーベルト、オールシルバーステンレスなど、落ち着いたデザインを選ぶようにしましょう。

お店に行くと、どうしても目に留まるのが色鮮やかなデザインの腕時計です。

派手なデザインの腕時計は、20代〜30代の男性なら使いこなすことができます。

 

しかし40代以降の男性が身につけると、全体の雰囲気に馴染まないことも…。

長く愛用しても、飽きずに落ち着いたデザインを選ぶようにしましょう。

ビジネスシーンや役職に合うものを選ぶ

外回りで手首から見える腕時計は、その人のイメージを大きく左右させます。

ビジネスシーンに合わない腕時計をしていると、「TPOをわきまえない人」というイメージを持たれる可能性もあるでしょう。

 

40代になると、管理職として部下を持つようになる方も多いです。

派手過ぎず、役職に合ったデザインを選ぶことを心がけてください。

リセールバリューを考える

ロレックスは長く愛用したあとでも、ほかの時計に比べて高く販売できます。

そのため、ロレックスの中でもリセールバリューの良いモデルを選ぶことが大切です。

特にリセールバリューが高いのは、以下のモデルです。

 

  • ロレックス デイトナ
  • ロレックス サブマリーナ
  • ロレックス MGTマスター

 

中でも、デイトナのリセールバリューの高さは群を抜いています。

時にはプレミア価格がついて販売価格よりも上がることがあるので、投資対象として購入する人もいるほど。

必要なくなったときに、高い値段で売れるかもしれませんよ。

 

腕時計を試せるKARITOKE

40代男性におすすめのロレックス(ROLEX)10選

40代男性におすすめのロレックス(ROLEX)10選

ロレックスの選び方を考慮した上で、40代男性におすすめのロレックスモデルを10個紹介します。

ロレックスのモデルを選ぶときの参考にしてみてください。

 

40代男性におすすめのロレックス10選

  • コスモグラフ デイトナ
  • サブマリーナ デイト
  • サブマリーナ
  • エクスプローラー
  • デイトジャスト36
  • GMTマスターⅡ
  • ヨットマスター40
  • デイデイト36
  • エアキング
  • ディープシー

コスモグラフ デイトナ

 

コスモグラフ デイトナは、「デザイン性」と「機能性」の両面が非常に高くて使いやすいモデル

まさに、40代中間管理職のデキる男性が身につけるのにふさわしい時計と言えます。

ビジネスシーン・プライベートシーンの両方で使いやすい、落ち着いたブラックベゼルが特徴的。

シンプルな色合いながら、クロノグラフタイプなので洗練された高級感もしっかりと漂わせてくれます。

 

ビジネスシーンで使っても、さまざまなスーツに馴染んでくれる色合いなので、コーディネートにも困りません。

もちろん私服で、幅広いファッションのアクセントとしても大活躍してくれます。

 

コスモグラフ デイトナのメーカー希望小売価格は、4,708,000円(税込)です。

サブマリーナー デイト

 

サブマリーナ デイトは、時代の経過とともに機能性を大きく向上させている実用性の高いモデルです。

落ち着いたモダンでシンプルなデザインは、ビジネスシーンで大活躍してくれます。

1953年にオリジナルのサブマリーナ デイトが発売されて以来、大きなモデルチェンジをしない点も人気の秘訣。

ビジネスシーンでの使用はもちろん、カジュアルなシーンでも大人な雰囲気を演出してくれます。

 

サブマリーナ デイトのメーカー希望小売価格は、1,118,700円(税込)です。

サブマリーナー

 

サブマリーナーは、時計業界でダイバーズウォッチとしての基準を定めた歴史的な時計。

ブラックセラミック製のベゼルと文字盤は、40代男性が着用するのにふさわしい落ち着いた雰囲気を演出してくれます。

耐久性も優れているほか、オールファッション・オールシーンに対応してくれる頼もしい1本です。

 

サブマリーナーのメーカー希望小売価格は、990,000円(税込)です。

エクスプローラー

 

エクスプローラーは、3・6・9の数字が際立つ、シンプルなブラック文字盤が特徴的。

「とにかくシンプルなデザインのロレックスを使いたい!」という方におすすめです。

ロレックスシリーズの中でも、特別シンプルな時計と言っても過言ではありません。

ビジネスシーンはもちろん、プライベートでもさまざまなファッションとの相性が抜群です。

 

エクスプローラーのメーカー希望小売価格は、793,100円(税込)です。

デイトジャスト36

 

デイトジャスト36は、エレガントな輪郭が特徴的なモデルです。

色合いはブラック文字盤に、オールステンレスの2カラーしか使われていないシンプルなデザイン。

シンプルながらも細部の装飾まで美しく作られているため、周りのビジネスマンと差別化したい方におすすめです。

 

デイトジャストのメーカー希望小売価格は、968,000円(税込)です。

GMTマスターⅡ

 

GMTマスターⅡの特徴は、大陸間のフライト中に2ヶ国の異なるタイムゾーンを同時に確認できる設計が施されている点です。

まさに、世界中を飛び回るビジネスマンにぴったりな腕時計。

海外出張が多い方におすすめです。

また、プライベートのオフシーンでも腕元を優雅に演出してくれるでしょう。

 

GMTマスターⅡのメーカー希望小売価格は、1,166,000円(税込)です。

ヨットマスター40

 

ヨットマスター40は、厳しい防水性基準・堅牢性をクリアしており、セーリングやマリンスポーツに適した時計です。

現在では、ヨットなどの小型船舶の船長に欠かすことのできない重要なアイテムとなっています。

眩しい海の上で使うことを想定されており、晴天時や曇天時などあらゆる環境下でもしっかりと目視確認できる並外れた視認性の高さが特徴的です。

 

ヨットマスター40のメーカー希望小売価格は、1,364,000円(税込)です。

デイデイト 36

 

デイデイト 36は、ロレックスの中でもハイエンドモデルとして有名です。

実際に着用している方を見かけることは、ほとんどないでしょう。

時計には「18カラットゴールド」が使用されており、周囲の目を引くこと間違いなし。

真のエグゼクティブを目指す40代のビジネスマンにぴったりです。

 

デイデイト 36のメーカー希望小売価格は、4,090,900円(税込)です。

エアキング

 

エアキングは、「緑色のROLEXフォント」がブラックの文字盤で一際存在感を放っている特徴的な時計です。

初代ロレックスである「オイスター」の後継モデル的存在として扱われており、ファンからの根強い人気があります。

1950年代モデルを参考にデザインされた「Air-King」というフォントもたまりません。

 

エアキングのメーカー希望小売価格は、793,100円(税込)です。

ディープシー

 

ディープシーは、水深12,800フィート(3,900m)まで耐える防水性能を備えた、究極のダイバーズウォッチです。

逆回転防止機能を追加した60分メモリ入りベゼルを搭載させ、深海遠征のために開発されました。

上品なデザインの一方、高い耐久性はハードワークにもぴったり。

ビジネスシーンを始めとして、アウトドアやプライベートでも大活躍する一本です。

 

ディープシーのメーカー希望小売価格は、1,538,900円(税込)です。

ロレックス(ROLEX)は購入前にレンタルするのがおすすめ!

ロレックス(ROLEX)は購入前にレンタルするのがおすすめ!

ロレックスは、安くても100万円近くの予算を考えておかなければ、満足できる買い物ができません。

よくある失敗事例は、「妥協したモデルを購入したら使いづらかった…」というケース

ロレックスは、もっとも安いモデルでも30万円ほど。

少し妥協して購入しても大きな金額なので、すぐに購入するのは失敗するリスクが高いでしょう。

 

そこでおすすめの方法が、高級腕時計をレンタルできる「KARITOKE(カリトケ)」を使うこと。

カリトケに登録すると、50ブランド/1,300種類以上の中から好きな時計をレンタルできます。

 

カリトケで取り扱っているロレックスのモデルは、以下のとおりです。

KARITOKE(カリトケ)で扱っているロレックスのモデル一覧

  • サブマリーナ
  • デイトジャスト
  • ヨットマスター
  • エアキング
  • GMTマスター
  • シードゥエラー
  • オイスターパーペチュアル
  • エクスプローラー
  • ミルガウス

 

カリトケなら、月額10,780円(税込)からロレックスをレンタルできます。

ロレックスを買うかどうか迷っているなら、まずはカリトケでレンタルするのがおすすめ。

実際に日常生活で使ったあとに、満足したら購入するようにしましょう!

 

腕時計を試せるKARITOKE

【まとめ】40代に合うロレックス(ROLEX)を身につけよう

【まとめ】40代に合うロレックス(ROLEX)を身につけよう

40代になると管理職に就く人も多く、上司・部下と関係性を築かなければいけない、忙しい年齢です。

関係性を広く持つ分、ビジネスマンとして恥ずかしくない腕時計を身につけたいですよね。

しかし、ロレックスは高価なブランドなので、いきなり購入して失敗すると大きな痛手になります…。

 

自分にぴったりのロレックスに出会うためにも、まずはカリトケを利用しましょう。

カリトケでは、9種類のロレックスモデルを扱っています。(2022年3月時点)

ロレックス以外にも、全50ブランド/1,300種類の腕時計が選べるので、気になる方はぜひ試してみてください。

 

腕時計レンタルサービスならKARITOKE

お気軽に腕時計をレンタルできるサービス

これまで腕時計が欲しい場合、購入するしかありませんでした。しかし今は「時計をレンタル」する方法もあります。

高かったブランドの腕時計が、レンタルであればお手頃の料金で使えるのです。

レンタルですので時計が合わなかったり飽きたりすれば、短い期間で交換する事ができます。結婚式やデートなどのイベント日に合わせてレンタルもできますし、とにかく使い勝手の良いのが時計レンタルサービスです。

時計レンタルサービスの中でもコスパ、時計の取り扱い数が一番なのが「KARITOKE(カリトケ)」です。

因みにカジュアルプランであれば、月3,980円でレンタルできます。

「KARITOKE(カリトケ)」の時計レンタル、これを機会に利用してみては如何でしょうか。

ブランド腕時計レンタルサービス