未分類

40代でタグホイヤーをつけるのは恥ずかしい?40代にもおすすめのタグホイヤーを徹底解説!

タグホイヤーはスイスの老舗高級時計ブランドです。

スポーティーでありながら、スイス製らしいエレガントなデザイン魅力のタグホイヤー。魅力的ですね。

しかしネットで検索してみると、「40代 タグホイヤー 恥ずかしい」といったワードが出てくるのです。

なぜ40代がタグホイヤーをつけると、「恥ずかしい」と言われてしまうのでしょうか?

本記事では、40代でタグホイヤーをつけると恥ずかしいと言われる理由をまとめるとともに、タグホイヤーの魅力にも迫ってみましょう。

40代でタグホイヤーをつけると恥ずかしいと言われる理由は?

インターネットでこのようなワードがでてくるという事は、気にしている人が多いという事です。

不思議ですね。スイスの高級ブランド、価格も安くはないのに…

ここでは、なぜ40代でタグホイヤーをつけると恥ずかしいと言われてしまうのか、その理由をまとめてみましょう。

カジュアルで若者向けのイメージが強い

タグホイヤーと聞くとどんなイメージを持たれますか。スポーツ界と繋がり深いイメージがありませんか。

そのためか、カジュアルで若者向けのイメージが強く、40代がつけていると恥ずかしいと感じてしまう人がいます。

また、タグホイヤーには鮮やかなブルーの腕時計など派手なデザインのものがあり、40代で派手なデザインを付けるのは恥ずかしい…と感じてしまうのです。

時計ビギナーだと思われてしまう

タグホイヤーは社会人1年目の新入社員が、初ボーナスで購入する高級時計というイメージがあるようです。

実際、初めて買った機械式腕時計はタグホイヤーだったという人は、たくさんいらっしゃいます。

また、腕時計に対してステイタスを求めている人にとっては、タグホイヤーではちょっと物足りないと感じてしまうこともあるようです。

高級時計の中では安っぽいイメージがある

タグホイヤーは高級時計ブランドの中では、比較的リーズナブルな価格設定となっています。

ロレックスやシャネル、ブルガリなどに比べると、高級時計ブランドなのにどうしても安っぽいイメージになってしまうでしょう。

そのため、年収がそこそこある40代がタグホイヤーをつけていると、「40代なのに安っぽい時計をつけていて恥ずかしい」と思われてしまうのでは?と、心配する人もいるようです。

ただ、このイメージは全くの間違いです。

タグホイヤーでは「価格以上の見た目の価値を提供する」ことをポリシーとしているので、コストカットに余念がありません。

経営者の堅実な経営方針によって生み出させた価格設定であり、「頑張れば手の届く高級時計」という位置づけになるので、安っぽいというイメージは間違っています。

40代でタグホイヤーをつけても問題なし!おすすめする理由とは?

40代でタグホイヤーをつけることは、決して恥ずかしくはありません。

ここでは、タグホイヤーが40代におすすめできる理由をまとめてみましょう。

歴史のあるブランド

タグホイヤーは1860年創業の、歴史ある腕時計ブランド。

世界中にファンを持つタグホイヤーは、特にモータースポーツの世界では有名です。

創業当時は、主に懐中時計を製造していましたが、1916年には1/100秒単位で計測できるストップウォッチを開発。

この発明は当時のスポーツ界に、大きな貢献をもたらしました。

オリンピックでは、3大会連続で公式タイムキーパーに採用されるなど、タグホイヤーの知名度が高まるきっかけになったのです。

その後も、マイクロローターを搭載した世界初の自動巻きクロノグラフや、世界初の角形防水自動巻きクロノグラフなどを次々に開発し、信頼される時計ブランドとして成長。

長い歴史を持つブランドだからこそ、40代がつけていても恥ずかしくありません。

スポーツの世界で広く公式採用されている

タグホイヤーはサッカー、テニス、モーターレースなど、数々のスポーツ界で公式採用されている時計ブランドです。

多くのスポーツ選手や団体のスポンサーを務めており、日本人においてはテニスの錦織圭選手や、サッカーの香川真司選手のサポート実績があります。

落ち着いた雰囲気のモデルもある

タグホイヤーはレーシングスポーツで使われていることもあって、スポーティーなデザイン性に定評があり、若々しいデザインのものが目につきます。

しかし、タグホイヤーの中には落ち着いた雰囲気のモデルもあるので、40代がつけても恥ずかしくありません。

40代でタグホイヤーをつける場合には、色合いやデザインが落ち着いたものを選ぶとよいでしょう。

ビジネスシーンでも使いやすい

タグホイヤーは、スポーツの世界で広く用いられてきた腕時計ブランドなので、ビジネスシーンには不釣り合いなのでは?とイメージされる方が多いようです。

しかし、ビジネスシーンでも使いやすいシリーズやモデルが、たくさん登場しています。

スタイリッシュなデザインと優れた耐久性を持つタグホイヤーは、実用性の高い時計と言えるでしょう。

ビジネスシーンだけではなく、スポーツやアウトドアシーンにおいても使用できるタグホイヤーは万能な時計と言えます。

アフターサービスが充実

タグホイヤーは、購入後のアフターサービスが充実していることで知られています。

タグホイヤーの時計を正規店で購入した場合、保証期間の2年間延長(最大で4年間)を会員特別価格で受けられます。

さらに電池交換やメンテナンスなどのアフターサービスに関しても、会員価格で対応してもらえるのです。

40代にぴったりのタグホイヤーとは?

若者がつけるイメージが強いタグホイヤーですが、40代にもおすすめしたいモデルはたくさんあります。

ここでは40代にぴったりのタグホイヤーのモデルを、いくつかご紹介しましょう。

タグホイヤー アクアレーサー

アクアレーサーは2004年に発表された、比較的新しいシリーズです。

その特徴は何といっても、防水性の高さ。

第一世代では300mの防水性を備え、2009年に発表された第二世代においては、500mの防水機能にアップしています。

12角形のベゼルに6か所にライダータブが装備しており、ベゼルは24時間のメモリ、カラーはブルー系とスタイリッシュな印象を与えてくれるダイヤル模様がかっこいいです。

また、GMT針は単独でも動かすことができるので、操作が簡単な点も魅力です。

ビジネスにもアクティブにも使える、人気シリーズになります。

タグホイヤー カレラ

カレラはタグホイヤーのモデルの中でも人気シリーズで、57年の歴史があります。

タグホイヤーのアイコニックなコレクションとしても知られており、ベゼルにはタキメーターが配され男性好みのデザインとなっています。

プロドライバーやスポーツカーの愛好家に人気があるシリーズです。

モナコ

1969年に登場したモナコは、誕生から50年以上を経ても、変わらずに愛されるシリーズです。

自動巻きでありながらもクロノグラフを搭載し、ケースはスクエアタイプと個性的です。更には防水性能を持たせています。

現在発売されているモナコは、9時位置にリュウズを配するキャリバー11搭載のモナコキャリバー11クロノグラフ、3時位置にリュウズを配するキャリバーホイヤー02搭載の「モナコキャリバーホイヤー02クロノグラフがあります。

まとめ

本記事では、「40代でタグホイヤーをつけるのは恥ずかしいのか?」について、まとめてみました。

「40代でタグホイヤーをつけるのは恥ずかしい」とイメージしている人も多いですが、決してそんなことはありません。

スポーティーで若々しいモデルだけではなく、ビジネスシーンに合った落ちついたデザインもあります。

歴史のある時計ブランドなので、40代でつけても問題ありません。

ビジネスにもプライベートにもつけられるタグホイヤーの時計は、1つ持っておくとよいでしょう。

お気軽に腕時計をレンタルできるサービス

これまで腕時計が欲しい場合、購入するしかありませんでした。しかし今は「時計をレンタル」する方法もあります。

高かったブランドの腕時計が、レンタルであればお手頃の料金で使えるのです。

レンタルですので時計が合わなかったり飽きたりすれば、短い期間で交換する事ができます。結婚式やデートなどのイベント日に合わせてレンタルもできますし、とにかく使い勝手の良いのが時計レンタルサービスです。

時計レンタルサービスの中でもコスパ、時計の取り扱い数が一番なのが「KARITOKE(カリトケ)」です。

因みにカジュアルプランであれば、月3,980円でレンタルできます。

「KARITOKE(カリトケ)」の時計レンタル、これを機会に利用してみては如何でしょうか。

ブランド腕時計レンタルサービス